構造別に見る電気シェーバー

構造別に見る電気シェーバー

電気シェーバーは、その構造によって大きく3タイプに分類する事ができます。
まずは、最もポピュラーな往復式です。
往復式は、刃が往復するように振動する事で、ヒゲを剃っていくタイプです。
刃の面積が広いので早剃りができ、3枚刃以上ならば深剃りもできます。
その為、早剃りや深剃りを行いたいという男性には、往復式がピッタリです。

 

ただ、往復式はカミソリほどではないものの、肌への負担が大きい電気シェーバーです。
そこで深剃りと肌への優しさの両方を求める男性には、ロータリータイプがオススメです。
らせん状の刃を回転させてヒゲを剃っていくロータリータイプは、往復式よりも肌への負担を減らす事ができます。

 

深剃りよりもとにかく肌への負担が少ないものをという男性には、回転式がピッタリです。
肌に当てる部分が丸くなっている回転式は、本体を丸く動かしながら、刃の回転でヒゲを剃っていきます。
産毛も剃れるので、比較的ヒゲが薄いという男性にもオススメの電気シェーバーです。